2011年10月29日

ボーカロイドの世界

 こんばんは。ご無沙汰しております。
 今日は、音楽の話題でボーカロイドの世界です。

 自称シンガーソングライターですので、普段は自分で歌う曲を作っているのですが、先日ひょんなことから、自分で歌う曲と平行して、10代のガールズバンドが歌うことをイメージした曲を作ってしまいました。
 正直、作るのがかなり楽しかったです。今まで、作って来たものと全く毛色が違うものを作るという作業は、なかなか新鮮で面白かったです。

 で、とりあえず作ってみると結構いい感じに仕上がったので、自分で歌う曲と同様にネットで公開しようかと思い立ったのですが、さて、ボーカルをどうしようか、という問題にぶつかりました。
 さすがに、おっさん声で歌うような内容じゃないし、そもそも音域が合わないし・・・。

 そこで、まず思い立ったのは、ボイスチェンジャーで自分の声(ファルセット(裏声)ならなんとか歌えるので)を女子の声に変えてみたらどうかということでした。
 で、色々と調べて見ると、おっさん声をそれなりに女性らしい声(特に若い女子のような声)にするには、結構高価な機器あるいはソフトが必要な様で、さすがにそんなに投資できないし、フリーソフトで評判がいいものを使って見ても、女子とは程遠い声で、おまけにレイテンシー(声を入力してから変換して出力するまでの時間のずれ)が酷くて、こりゃだめだ、と断念しました。

 で、次に思いついたのが、ボーカロイドに歌ってもらうことでした。ボーカロイドとは、ボーカルとアンドロイドをくっ付けた造語で、音符と言葉を入力するとその通りに歌ってくれるソフトのことです。これなら1万円弱の投資で済むし、まあ、お遊び半分でやってみようということで、ボーカロイド(通称:ボカロ)の名を一般に広めた、かの有名な『初音ミク』ちゃんに歌ってもらうことにしました。
 これです。↓
PA290001.JPG
続きを読む
posted by MASA at 00:38| Comment(0) | 音楽

2011年09月11日

音楽を始めたきっかけ

こんばんは。

私が音楽に興味を持ち始めたのは、中学生になってからで、当時でもかなり遅いほうだと思います。それまでは、平日はTVでナイター観戦、休日は少年野球の練習or試合で、寝ても暮れて野球ばかりの少年でした。TVから流れる流行歌ぐらいは知っていましたが、アイドル等に興味を持つこともない日々を送っていました。(ちなみに、その後の人生においても、基本的に流行に興味を持つことは余りありませんでした。まあ、天邪鬼なのかも知れませんが・・・。)

で、そんな少年が音楽に興味を持つきっかけになったのが、アコースティックギターとの出会いでした。当時、高校生だった姉が友人から、YAMAHAのアコギ(型番は忘れましたが、2〜3万円のまあいわゆるエントリーモデルだったと思います。)を譲り受けたことにより、我が家にアコギが登場したのです。
で、アコギの実物を生まれて初めて触ることになるのですが、その時に『これが弾けるようになるとカッコイイだろうなあ。』と思ったのが、きっかけでした。つまり、『女の子にもてたい』っていうのが、やっぱり最初の動機なんですよね。
ちなみに、当時人気絶頂だったアリスの谷村新司さんも深夜放送で同じこと言ってて、音楽仲間にもやっぱりそういう動機で楽器を始めた奴が多いとも言ってました。まあ、今でもそういう奴が多いと思います。あ、もちろん男子の場合ですけどね。続きを読む
タグ:ギター 楽器
posted by MASA at 00:11| Comment(0) | 音楽

2011年08月04日

クリップオンチューナー

こんばんは

今日は、ギターのチューナーについて話します。

私が今使っているのは、KORG AW-2Gです。↓(ピンボケしてしまった。スミマセン)
P8020056.JPG
ギターヘッドに付けて、ヘッドの振動をピエゾで検出してチューニングする奴です。
(一応、内臓マイクも付いているのですが、それは使ったこと無いです。)

 以前にもチューナーを使ったことがあるのですが、安物だったせいかも知れませんが、ノイズがひどくて上手くチューニングできなくて、『チューナーは使えんなあ』って思っていたんですよね。
 だから、これを買うまでは、音叉&ハーモニクスという原始的な方法でチューニングしてました。
 これ、結構面倒くさいんですよ。いちいち、音叉出さなきゃいけないし、ハーモニクスは静かなところじゃないと聞こえないし。
 ちなみに、バンドやってた時は、キーボードの奴に音出してもらって合わせてました。

 で、DTM(Desk Top Musicの略で、パソコンで作る音楽のことです。)伴奏に合わせて一人でやるようになってみると、演奏前にちゃんとチューニングしとかないと、合わなくて気持ち悪いんだけど、当然キーボードはいないし、さっきの原始的な方法だと面倒くさいんで、何とかならんかなあ、と思っていたところで、このクリップオンチューナーの存在を知ったんですよ。偶然に。
続きを読む
posted by MASA at 18:59| Comment(0) | 音楽