2011年10月06日

稀代の天才の早すぎる死

 こんばんは。
 今朝、新聞を読んでいて大変衝撃的なニュースを知りました。

 『米Apple社創業者スティーブ・ジョブズ氏死去』

 健康状態が思わしくなく、つい先日Apple社のCEOを退いたのですが、享年56歳だったそうです。うーん、あまりにも若すぎる。
 彼の早すぎる死は、人類にとって大きな損失であったと言っても過言ではないと思います。
 ジョブズ氏がどれだけエポックメーキング(ある分野で時代を切り開くこと)をしてきたか皆さんもご存知だと思います。
 携帯端末として市場を席巻しているスマートフォンの草分けであるi-Phoneや音楽をネットから購入し大量に持ち歩くという文化を築いたi-Pod&i-Tune、そしてなんといってもパソコンを一般家庭に家電並に普及させるのに多大な影響を与えたGUI(グラフィックユーザーインターフェイス:Windowsのように状態を視覚的に表現し、画面上を自由に「指差し」て行動を指定する動かす。)を世に知らしめたMacintosh(Mac)。どれもIT産業に革命を起こした素晴らしい発明だと思います。
 (私に言わせれば、Windowsなんて完全にMacのものまね品ですね。もし、当時のApple社が、Windowsの様に、Macのプラットフォームを公開し、他社にハードウェアの作製&販売を許可していたならば、当時のOS(オペレーティングシステム)の完成度から考えると、多分皆さんの家庭にはWin機ではなくMacがあることになっていただろうと思います。)
 ですから、もしジョブズ氏がいなければ、今、皆さんが享受している便利なIT社会はなかったかも知れないのです。そして、もしジョブズ氏がまだまだご存命でおられたなら、また新たなエポックメーキングをして我々を驚かせ、そしてこの先の我々の生活をまた大きく変えてくれたであろうと想像せざるを得ないのです。
 ですから、先に言ったように、彼の早すぎる死は、人類にとって大きな損失であると思わずには居られないのです。

 『天才は、早死にする。』 今日ほどこの言葉を痛感した日はないです。

 スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を心からお祈り申し上げます。合掌。

 それでは、今日はこの辺で。
posted by MASA at 23:16| Comment(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。