2011年08月13日

野球観戦の楽しみ方

こんばんは

 私流の野球観戦の楽しみ方についてお話をします。

 実は、今日、東京ドームで巨人対広島戦を観戦してきましたので、その様子も交えつつご紹介しようかと思います。
 私は、外野応援席以外にはほとんど行きません。
 なぜなら、多くの巨人ファンの人たちと一体になりながら大声で応援しつつ、観戦するのが楽しいからです。
 ちなみにそう考える方はたくさん居るようで、実際、外野応援席のチケットが一番手に入れるのが難しいです。特に休日のデーゲームは人気が高く、発売5〜10分で完売してしまいます。
 ただ、静かに野球を楽しみたい方、あるいはずっと座ってのんびり観戦した方は内野席をお勧めします。(外野応援席は、応援しているチームの攻撃の時はみんな立って応援しますので、座っていると試合が見えません。)

 これが東京ドームです。(大きくて全体が入りませんでしたので一部のみです。)
P8130001.JPG
 ちなみに、もし東京ドームに行く機会があったら、早めに球場に入って中を散策するのも面白いです。(東京ドームの場合、どこのコンコース(座席裏の売店がある廊下)にも自由に行き来できます。)
 私のお勧めは、バックネット裏の1Fコンコースです。結構、穴場みたいで、あまり人が居ません。で、そこには、いろいろな展示物があります。
 巨人軍永久欠番の選手の紹介
P8130007.JPG
 各年の東京ドームMVP及び新人王の選手のプレート展示
P8130008.JPG
 あと、東京ドームでライブを行ったアーティストのプレート展示なんかもあります。
P8130009.JPG
 ちなみに、これは、東京ドームで日本人として初めて単独ライブを行ったHOUNDDOGさんのプレートです。
P8130011.JPG
(デジカメが古いので、みんなピンボケしてますね。スミマセン)
 こういうの見てると、『あー、こんな選手いたなあ』とか『この人も、ここでライブやってるのか』とかがわかってなかなか楽しいです。
 閑話休題。
 デーゲームの場合、試合開始は大体14:00なのですが、私は大抵13:15頃には球場内に入っています。なぜなら、外野応戦席の応援は、13:30頃にあるスターティングメンバー発表から始まるからです。
 一通りスタメン発表が終わった後に、応援団の合図で、♪さあさ、みんなで歌おうジャイアンツの歌を〜、という歌い出しから、いわゆる『1-9』が始まります。これは、スタメンの1番〜9番までの選手の応援歌を歌い、次に原監督の選手時代の応援歌、そして、『闘魂こめて』をみんなで大合唱するんです。
 これを歌うことによって、外野応援席に一体感が出てくるんですよ。この時間が私はとても好きなので、スタメン発表前には座席につけるように早めに球場に入るのです。
 で、こちらの『1-9』が終わった後には、今度は対戦チームが同じように『1-9』をやります。応援合戦がもう始まっているのです。
 それが終わったら、トイレなど用事を済ませます。私は、試合途中で席を立つのは極力避けたい方なので、試合開始直前にトイレに行っておき、試合中もなるべく水分は取らないようにします。ちなみにチェンジの時の水分補給以外の飲食もしません。とにかく試合に集中したいので・・・。

 試合開始になると、そりゃもう全力で応援します。声が枯れるまで・・・。
 今日の試合では、慎之助(阿部捕手)が同点2ラン、長野選手が逆転2点適時三塁打を打ったのですが、その瞬間は外野応戦席はもう大騒ぎです。
 まず、オレンジのタオルを振り回しながら、『Viva Giants』を大合唱し、万歳三唱。そして、自分の座席の前後左右の全然知らないおじさんやおにーちゃん、おねーちゃんとハイタッチしたりして喜びを分かち合います。この瞬間が、また一体感がぐーんと高まって楽しいんですよ。外野応援席での一番の楽しみですね。(実は、得点が入ると必ずこのルーティンはやるんですが、今日みたいに同点とか逆転とかの時は、もうすごいボルテージで、楽しさ倍増です。)

 で、今日のようにリードして最終回を迎え、2アウトになると対戦チームの攻撃にも関わらず、立ち上がり、ストライクのたびに、掛け声を掛けます。(今日は、後半戦から守護神となったあの久保裕也投手が最終回をきっちり三人で終わらせました。)
 そして、勝利の瞬間、また先ほどの得点の時のルーティンをやるのですが、『Viva Giants』大合唱は、連勝したときにはその連勝分だけ繰り返すのです。私の経験では、8回繰り返したことがあります。さすがにそのときはすごい疲れましたが。

 負けた時には、試合終了とともにそそくさと帰るのですが、勝った時は、ヒーローインタビューを聞き、その後にいわゆる『二次会』をやるのです。
 まず、ジャビット君たち(巨人のマスコットキャラクター)がバク転とかして盛り上げて、次にチームビーナス(巨人のチアリーダー)のおねーさんたちが、ボンボンでVの字を描いたりしてまた盛り上げて、そして、今日の試合で活躍した選手の応援歌を歌い、時には負傷や不調で二軍に行っている選手の応援歌を『早く戻って来い。待ってるぞー』という想いを込めて歌います。
 そして『1-9』を歌い、最後に万歳三唱し終わりです。二次会は大体試合終了から30分ぐらいで終わります。

 ざっとこんな感じです。いかかでしょうか?
 外野応援席の楽しさが伝わりましたかねえ。
 読み返してみると、楽しさが十分に表されていないようにも思いますが・・・。

 ま、とにかく、もし、野球(あるいはスポーツなら何でもいいと思います。)に興味があるようなら、ご贔屓のチームの外野応援席に一度は行ってみることをお勧めします。とにかく、一回経験してみてください。もしかしたら、私みたいにハマッてしまうかもしれないですよ。

 というわけで、今日はこの辺で。

posted by MASA at 21:00| Comment(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。