2011年07月31日

学歴に関する一考察

 こんばんは。

 今日は、ちょっとネットなどでも良く話題になっていることについて、前々から思っていることがあるので、それを話します。
 ちなみに、あくまでも私が経験したことや実際に見聞きしたことに基づいた話なので、すべての方のケースに当てはまるものではないことをご理解の上、そういった見方もあるのか、という感じで読んでください。お願いします。

 『学歴(いわゆる高偏差値大学出身という肩書き)は、社会で役に立つでしょうか?』

 結論から言うと、『大学名は、社会では役に立たないケースがほとんど。』というのが私の実感です。

 考えたら当たり前なんですよ。だって、もしあなたが社長で、社員を評価するなら、間違いなく自分の企業の繁栄に貢献した人、つまり仕事のできる人であって、どこの大学出たかなんでどうでもいいでしょ。そういうことなんです。

 必要なのは、『仕事のできる実力』であって、学歴ではないんですよ。

 まあ、高偏差値ではない大学出身の肩書きで損するのは、就職の時の書類選考で、いわゆる学歴フィルターで引っかかり、面接まで辿り着けない、ということぐらいかと思います。
 『この就職難の時代に、それが重要なんだよ。』と言われるかもしれませんが、長い目で見るとそれはそんなに大きな問題じゃないと私は思っています。その辺は、後で話します。

 大学名が役に立たないなら、受験勉強は頑張らなくていいかっていうと、間違いなく頑張った方がいいです。

 それはなぜか。

 いくつか理由がありますが、私が一番大きいと思うのは、受験勉強が『仕事のできる実力』をつけるのに非常に役立つからです。

 ここで、大学受験勉強の大まかな流れを見てみましょう。大体、次のような流れだと思います。
@目標を決める。
 具体的には、志望大学、学部、学科を決めるとかですね。
A現状を把握する。
 まずは、自分の現状の成績と志望校の入試で取らなければならない得点との差が、どれくらいあるかを把握します。
B目標と現実のギャップを埋めるための戦略を決める&そのための情報を集める。
 ここでの戦略とは、どの科目をどれだけ勉強するかとか、どういった方法(参考書&問題集は何を使うのか、塾に行くのか、どの塾に行くのか等)で成績を上げるのか、とかですね。また、入試日までに使える勉強時間は決まっていますから、どうするのが効率的かも考えながら戦略を決めます。
C決めた戦略を基に実行計画を立てる。
 ここでも効率を考えながら、決めます。例えば、復習はどれぐらいの間隔でやるかとか、暗記物は寝る前の時間にする、とかですね。
D計画に沿って実行する。
 ここが、一番苦しいとこです。戦略が正しいか不安に思いながらやるんですから、本当に苦しいです。でも、ここでどれだけ地道にできるかが一番重要なのです。どんなに優れた戦略や計画があっても実行しなきゃ成果(成績)は上がりませんからね。
E途中で目標と現状のギャップをチェックする。
 模試などで、ギャップを確認し、戦略が正しいかどうかを確認します。
 成績が思った様に上がっていないようなら、B(場合によっては@)に戻って練り直し。
 そうでないなら、Dを粛々と進めます。
F@〜Eの流れを入試日まで回して、成績を上げ、目標(合格)を達成する。

 いかがでしょうか
 社会経験がある程度ある方はお気づきのことかと思います。
 そう、この流れ、仕事の基本そのものなんですよ。目標の大小や期間の長短はありますが、大体、この流れを基本としているケースが多いと思います。

 ということは、仕事の基本を、高校時代という若い時期に経験してるってことになるのです。
 しかも志望校に合格しているということは、目標を達成してるわけで、その達成感も知ってるわけです。これはとても貴重な体験です。
 また、もし失敗したとしても、今は入試得点を開示してくれる大学が多いですから、何が問題だったかを知ることが可能です。だから、どうすればよかったかの反省ができるんですよ。これもとても貴重な体験です。
 しかも、頭の柔らかい若い時期に勉強しているので、知識も増えるし、論理的に考えるトレーニングにもなっているわけですから。

 どうでしょうか。受験勉強が如何に貴重な体験かご理解いただけるのではないかと。
 ただし、目標を低く設定して、それを達成してもあまり得るところはないですよ。目標は、なるべく高くして、一生懸命やるからこそ、その経験が身になるのですから。

 さらに、いわゆる高偏差値大学に合格しているということは、それだけ困難な目標をクリアしてるわけですから、企業がそういった人の方が、仕事ができるだろう、と考えるのは至極当然なんです。
 先に言った学歴フィルターが存在するのは、仕事のできる人を選考する方法として有効かつ効率的だと企業が判断しているからなんです。
 実際、高偏差値大学出た人をたくさん見てきましたが、やっぱり仕事ができる優秀な人が多いんですよ、本当に。当然、人事もそれをちゃんと把握してます。だって、彼らはそれが仕事なんだから。

 『あれ、やっぱり高偏差値大学に入る方がいいんじゃないか』と思われたかもしれません。

 いや、入れるなら入った方がいいですよ。メリットも色々あるし。それは、否定しません。
 私が言いたいのは、『入るだけじゃ駄目だ。』ということなんです。
 学歴だけで食べていけるほど社会は甘くないということなんです。 

 高偏差値大学に入って安心しちゃって、大学時代、勉強しない人いますよね。これは、実にもったいない。せっかく困難な目標を達成した経験があり、達成するだけの能力があるっていうのに、それを磨かない。磨かなきゃどんどん錆びていってしまうのに。
 大学は4年間あります。大学院に行く人はそれ以上です。この間を無駄に過ごすのと、社会に出るための準備を粛々と進めるのとでは、大きな差が出るのは当たり前ですよね。
 だって、高校3年間で、中学レベルの知識しかなかった人が、あの難しい大学入試問題を解けるようになるんですよ。大学は、経験値が上がっている上に、それ以上の期間があるんですから。
 ただし、この場合の勉強とは、いわゆる学問だけじゃなくて、クラブ活動で集団で成果を上げるためにはどうするべきかを学んだり、バイトして社会の中でお金を稼ぐということはどういうことかを実感したりする、いわゆる社会勉強なんかも含まれているんですよ。そこら辺はお間違いなきように。
 
 だから、高偏差値大学に行った人は、現状に満足せず、更に磨きをかけてください。あなたには、『仕事のできる人』になれる素質が十分にあるのだから。
 そして、残念ながら、高偏差値大学に入れなかった人も、落胆する必要はないです。
 というか、落胆している暇があったら、高偏差値大学に行った人を見返すぐらい大学で頑張って実力を上げればいいんです。企業の人事は、人を見抜くプロですから、実力のある人をまず見逃しません。
 また、もし先に言った学歴フィルターで希望の企業に行けなかった人も、入った企業で頑張って実力を上げれば、その行きたかった企業に転職することも、転職市場が活発化している今の日本では十分可能です。

 やる気さえあれば、いつでもどこでも実力は上げられます。逆転は可能です。
 人生は、長いようで短いですが、短いようで長いんですよ。

 ですから、どの環境に居ても、実力を磨くことに苦心してください。
 損することはないですから。

 ただし、頑張り過ぎには注意してくださいね。長い人生、途中で息切れしてしまいますから。

 ということで、最後は説教モードになってしまったので、今日はこの辺で。
posted by MASA at 23:40| Comment(0) | 研究開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: