2011年07月23日

ミニギター(トラベルギター)

こんばんわ

 今日は、私の持っているミニギター(トラベルギター)を紹介します。
 その名も、Tiny Boy Porter TT-40。

TT40-1.JPG

 YAMAHA APX700Uのハードケースに入れてみるとその小ささがご理解いただけるかと。

TT40-2.JPG


 泊まりで出掛けることが多いので、出先で練習したり、曲作りをするために購入しました。
 ネットで、色々と調査した結果、かなり評判が良かったので、これに決めました。

 買って1ヶ月ほど実際に使ってみた感想としては、ネットの評判通りで、買って良かったと思っています。

 特徴はとしては、まず、スケール長*1が628mmと普通のギターのミディアムスケール(GibsonのLesPaulやMartinのOOOなんかがそうですね。)とほぼ同じ長さを確保し、その代わりに胴体を大幅に小さくすることにより、小型&軽量化しているところです。
 スケール長が普通のギターと同じなので、スケール長を短くしている多くのミニギターの欠点である、チューニングがなかなか合わない&いわゆるフレット音痴になる、ということもなく、チューニングは普通のギターと同じようにサッと合わせられるし、オクターブチューニングもバッチリ合います。
 そして、フレット間も普通のギターと同じなので、私のように手の大きな人でも押さえにくいということもありません。
 さらに、トップはスプルース、バックとサイドはマホガニーを使っており、ちゃんとアコギらしい音が出ます。音量も、胴体が小さいのに思いのほか出ます。ホテルの部屋で思いっきり弾くと、隣の部屋から文句言われるだろうと思うくらい音は出ます。

そして、最大の長所は、なんといってもその価格でしょう。
なんと、¥5980!(bought from イケベ楽器)
トラベルギターの代表格のMartinバックパッカーの約1/5の価格。

塗装とか接着剤の後処理とかに若干、雑なところがあるのですが、ギターとしてのこのクオリティで、この値段は、素晴らしいというしかないかと思います。

ギター界の価格破壊じゃ!

唯一の欠点は、重量バランスが悪く、胴体よりもヘッドの方が重いので、非常に持ちにくいというところです。しかしながら、ストラップを使えば、その問題も解消します。

今は、家に帰ると、テレビを見つつ、パソコンをやりつつ、四六時中抱えてます。
邪魔にならない大きさなので、抱えながら他の色々なことができます。
軽いので、外に持ってゆくのも、苦になりません。
形もどこぞの民族楽器みたいでかわいいし。
ネットの情報によれば、耐久性もなかなかで、2年間、車に入れっぱなしでも問題なしというケースもあるようです。

先日、ヤフオクで¥1980で買ったピエゾピックアップを着けて、スタジオで弾いてみたのですが、なかなかどうして、ちゃんとした音が出るではないですか。エフェクトを掛ければ、ちょいとしたライブでも使えるかも・・・、と思わせる程でした。
これらが、送料込みでも福沢さん1枚で手に入れられるとは・・・。

ギター界の価格破壊じゃ!(大事なことなので二度書きました。)

もし、気軽に使いたい、持ち運びたいミニギターを探している方がいらっしゃいましたら、候補のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

とってもいいですよー。

では、また。

*1スケール長:ナット(0フレット)とブリッジの距離です。つまり弾いた時に、震える弦の長さです。わかりますかねえ?説明が下手でスミマセン。
posted by MASA at 23:24| Comment(0) | 日記

2011年07月21日

はじめまして

こんばんわ。

MASAです。

ブログを始めてみました。

タイトルの通り、徒然なるままに、出来事や思うところを書いてゆこうと思います。

よろしくお願いします。

posted by MASA at 22:55| Comment(0) | 日記